会社概要

会社概要

社名

株式会社 イデアラボ(IdeaLab Inc.)

設立

2010年2月10日

資本金

5,000,000円

代表取締役

澤井 大樹

事業内容

人間の行動・感性の計測・分析にまつわるコンサルテーション
人間の行動・感性の計測・分析のためのシステム開発

主要お取引先

株式会社 竹中工務店
一般財団法人 電力中央研究所
大手自動車メーカー
大手食品メーカー
大手電機メーカー
大手技術コンサルティング企業 など

取引金融機関

三菱UFJ銀行
さわやか信用金庫

お問い合わせ

info<at>idealab.co.jp
<at>を@に変えてください。

住所

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-29-1 クロースポイント2階

社員紹介

MEMBERS

浅野昭祐https://asano1982.jimdo.com/

研究員

博士(心理学)

専門統計調査士

中央大学大学院文学研究科にて博士(心理学)取得後、2012年より現職。

専門領域は認知心理学であり、特に若年者や高齢者を対象にした意識的・無意識的な記憶の利用に関する実験的研究手法を得意にしている。

その他の所属として、中央大学人文科学研究所客員研究員、及び、中央大学及び明治学院大学にて心理統計学や心理学実験法に関する講義を担当している。

寳迫(橋本)暁子 

非常勤研究員

臨床心理士

公認心理師

早稲田大学大学院人間科学研究科にて修士(臨床心理学)取得後、2013年より現職。

専門領域は臨床心理学。特に、乳幼児期から児童期における心理発達的課題や支援者への支援について関心を持っている。人の心の動きについて面接法、応用行動分析という手法を用いて検討することを得意とする。

その他の所属として、都内発達クリニックなどに勤務し、心理面接や心理査定を担当している。

井原なみは 

サイエンスコミュニケーター

広島大学大学院総合科学研究科人間科学部門博士課程前期にて修士(学術)取得後、実験心理学のコンサルティングに従事。その後、化粧品メーカーでの研究(心理学)・ブランドマネジメントを経て、2019年より現職。

マーケティング、商品開発、ブランディング、新規事業開発などの経験を活かし、心理学の知見を産業界で応用するためのコミュニケーション全般を担当している。

北村(鈴木)美穂 

研究員

博士(文学)

東北大学文学研究科にて博士(文学)取得後、東北大学医学系研究科PD、東京大学先端科学技術研究センター研究員、NTTコミュニケーション科学基礎研究所研究員、早稲田大学高等研究所准教授などを経て、2020年より現職

専門領域は認知心理学、感情心理学、感性心理学。

その他の所属として、早稲田大学高等研究所招聘研究員、法政大学/日本女子大学にて兼任講師として勤務。

児玉(渡邉)茉奈美 

研究員

博士(教育学)

東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学後、山梨大学教育学部専任講師を経て、2018年より現職。2020年に東京大学大学院教育学研究科にて博士(教育学)取得。

専門領域は発達心理学、家族心理学である。母親や父親が育児中に抱く不安やその発達的変化・意義について、質問紙調査と面接調査を用いて研究している。

その他の所属として、明星大学や武蔵野大学、法政大学、昭和女子大学、田園調布学園大学にて、心理学実験法、教育心理学、教育相談、家族心理学を担当している。

中島実穂http://mihonakajima.web.fc2.com/

研究員

博士(学術)

公認心理士

東京大学大学院総合文化研究科にて博士(学術)取得後、2020年より現職。

専門領域はパーソナリティ心理学、社会心理学、臨床心理学である。レジリエンスとパーソナリティの関連や、災害発生時のメンタルヘルスについて、調査的手法を用いて研究している。

その他の所属として、国立精神・神経医療研究センター(研究員)、専修大学と立教大学の兼任講師。

中野俊 

非常勤研究員

首都大学東京人文科学研究科博士後期課程単位取得退学後、2020年より現職。

専門領域は知覚心理学、生理心理学。現在は、無意識的な視覚情報の処理過程とその機能的限界について実験心理学的手法を用いた研究を行なっている。過去には脳波やfMRIなどの脳機能計測手法を用いた実験研究も経験している。

その他の所属として、首都大学東京人文科学研究科の専門研究員を務める。

澤井大樹 

代表取締役

関西学院大学大学院文学研究科博士課程前期課程心理学専攻にて修士(心理学)取得後、エンジニアリング企業にてマーケティングサイエンスに関するコンサルティングに従事。

2010年に株式会社イデアラボを設立。

筑波大学大学院人間総合科学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得退学。

専門領域は知覚心理学、生理心理学、精神物理学。精神物理学的測定法や中枢および末梢系の生理指標を用いた実験的手法によってヒトとモノの関係性について検討している。

高橋良幸 

非常勤研究員

博士(心理学)

上智大学総合人間科学研究科にて博士(心理学)を取得後、2020年より現職。

専門領域は動物心理学、生理心理学、神経科学。これまで、動物を用いた行動実験や脳スライス標本からのシナプス応答記録などによって概日リズムと記憶の関係について研究してきた。現在は好奇心とは何か、どのような機能があるのかについて、動物を用いた行動実験と神経科学的なアプローチによって研究を行っている。

その他の所属:関西学院大学文学部受託研究員

滝口雄太 

非常勤研究員

山梨大学大学院教育学研究科にて修士(教育学)取得後、2020年より現職。

専門領域は社会心理学及び犯罪心理学。情報の真偽性や人の信用性に関する意思決定について、調査的手法および実験的手法を用いて研究を行っている。

その他の所属として、東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程。また、神奈川大学や埼玉学園大学にて心理学基礎実験の講師や実験助手を担当している。

谷辺哲史 

非常勤研究員

東京大学大学院人文社会系研究科にて修士(社会心理学)取得後、2020年より現職。

専門領域は社会心理学。現在は人工知能の活用に関する倫理的な問題について、調査的手法を用いて研究している。

その他の所属として、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程。また、東京未来大学、武蔵大学にて心理統計学、社会調査法の講義を担当している。

山本晶友 

非常勤研究員

上智大学大学院総合人間科学研究科にて修士(心理学)取得後、2020年より現職。

専門領域は社会心理学。特に、利他行動の受け手が感じる社会的感情について関心を持っている。人の心について、行動実験や質問紙法などの手法を用いて検討することを得意とする。

その他の所属として、上智大学大学院総合人間科学研究科博士後期課程、及び、文教大学にて健康心理学や発達心理学に関する講義を担当している。